マンション相続の注意点とは?

マンション相続の豆知識

大手対独立系!不動産・マンション査定はどこに頼むのがおすすめ?【東京版】
不動産を売る流れとは?
マンション査定時の注意点
売主の味方をしてくれる東京の不動産売買仲介業者TOP10
知っておきたい不動産相続の基礎知識
マンション相続に注意点ってあるの?

マンション相続に注意点ってあるの?

ここまでは戸建てや土地の相続についてお話ししてきましたが、マンションの場合はどうなのでしょうか?マンションも、もちろん相続すれば当然相続税がかかります。相続したマンションが基礎控除を超えてしまう場合には、相続する人にとっては大きな負担ですよね。

昨年平成27年に相続税法が改正され、課税される人の範囲が広がってきているのが現状です。今まで相続税なんて気にしていなかった人も頭を抱える時代になってきてしまいました。マンションも節税などできるのか?相続税の計算方法はどうなのか?と悩みを抱えている人も多いと思います。ここでは、意外と知られていない、マンションを相続する際に注意すべき点についてお話しします。

マンション相続の注意点

マンション相続の注意点

マンションの相続税は、特に高層マンションの場合一戸あたりの敷地がそこまで大きくないので、評価額は下がります。課税もそこまで高くないというのはメリットです。

しかしながら、マンションは戸建てや土地とは違い定期的な管理費や修繕積立金が必要になってきます。

また、マンションを相続した人数によっては、その人たちの間でお金のトラブルになってしまう可能性があります。例えば、マンションを相続して住む人がいない場合、空室であったとしても維持費や税金の支払いを誰かがしなくていけません。ただ空室であれば均等に割って支払いをしていけばいいのですが、正直お金の無駄になってしまいますよね。

それでは賃貸の場合はどうでしょうか?賃貸にすると、賃料が発生するので、お金をプラスに出来そうですが、複数人で相続していると、分配が必要になってきます。賃料の入金方法や分配方法などの問題が出てきます。

他にも1人の名義にして現金で清算する「代償分割」という方法もありますが、マンションの売却などをせずに多額の現金を用意しなくてはいけないので、非現実的です。

そうなると、売却清算がもっとも現実的な方法といえるでしょう。

マンションを相続する場合、正直なところ相続する人がきちんと考えていないと、兄弟間や親戚同士のトラブルになりかねません。相続する人が一番注意していないとご自身の家族が分裂してしまう結果を招いてしまう場合があるので、注意しましょう。

売却しない場合のデメリット

次に、せっかく相続したマンションを売却しないとどうなってしまうのかをお話しします。

デメリットの1つ目は、固定資産税や維持費(管理費・修繕積立金)がかかるということです。維持費は前述でお話ししましたので、すでにお分かりかと思いますが、固定資産税についてはよく知らないという方も多いと思います。固定資産税は、土地を所有している方は必ずかかってくるもので、マンションも例外ではありません。固定資産税の計算式は以下のようになっています。

「固定資産税=固定資産税評価額×1.4%」

例えば、1,000万円の価値のあるマンションを所有していたとすれば、固定資産税として毎年14万円の支払いが必要になってきます。

所有しているだけなのに、年間14万円+毎月の維持費はかなり高額です。

デメリットの2つ目は、不動産の価値が下がるということです。

不動産は建築年数が経つにつれて資産価値が下がっていくのが普通です。つまり、放置すればしただけ価値がさがり、売却したくても希望価格では売れなくなってしまうということです。せっかく相続された不動産をそのままにしていては、お金だけが無駄になってしまいます。相続したけど利用しないという場合にはなるべく早く専門家に相談して、無駄がないようにしたいものですね。

 
オススメの不動産売買仲介業者サイトTOP3

オフィスパートナー

オフィスパートナー

他社に比べて売却額が高く、市場の動向に敏感だから売れるタイミングを逃さない

日本中央管理株式会社

日本中央管理株式会社

知識と経験をもってその物件の持つ「本当の価値」を見極めて査定してくれる

住建ハウジング

住建ハウジング

物件の魅力を引き出すノウハウがあり、東京都内の物件に強い