知らないと損する?不動産相続の基礎知識

知っておきたい不動産の相続の事ならこちら

大手対独立系!不動産・マンション査定はどこに頼むのがおすすめ?【東京版】
不動産を売る流れとは?
マンション査定時の注意点
売主の味方をしてくれる東京の不動産売買仲介業者TOP10
知っておきたい不動産相続の基礎知識
  1. 知っておきたい不動産相続の基礎知識
不動産相続って・・・?

不動産相続って・・・?

不動産相続と聞くとなんだかとても難しそうで、堅苦しくて、面倒くさそうなイメージがありますよね。私も今回のマンションの売却がなかったら考えることはなかったかもしれません。不動産相続を調べてみると、確かにやることは多そうですが、みなさんはどのくらい知っていますか?

例えば、生前に贈与されるのと死後に相続するのでは、かかる税金なども違ってくるとか、相続税は贈与される金額や不動産によってはかなり高い税を支払わなければいけない場合があるとかです。今までは、亡くなるまでその人の名義で、亡くなった後自分の子供などに相続している人は多かったと思います。ここでは、不動産の相続をスムーズにすること、そして節税についてお話しします。

生前贈与と110万円の枠

生前贈与と110万円の枠

まず、生前贈与とはどういうことかというと、読んで字のごとく生きている間に無償で相続することをいいます。贈与税というのは1人が1月1日から12月31日までの間に取得した財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの金額に対してかかります。

よって、1年間に取得した財産の合計額が110万円以下であれば贈与税はかからないのです。

基礎控除は贈与を受ける人ごとに認められます。

例えば3人から110万円ずつ贈与された場合、合計で330万円になります。1人あたり110万円と考えると非課税と勘違いをしてしまいそうですが、この場合330万円譲渡されたことになり、非課税にはなりませんので注意してください。あくまで、年間で譲渡された合計金額が課税対象となるということを覚えておいてください。

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは、生前贈与を行った場合に贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、相続時に既に支払った贈与税額が差し引かれる制度で、贈与を受ける側が利用するかどうかを選択できます。2,500万円までの場合、贈与税はかかりません。これは特例制度なので限度額までは贈与税が発生しないというメリットがありますが、それ以上になった場合には一律で20%の贈与税が発生します。

しかも、相続時に相続税が発生しないことがわかっていれば、節税にもなる上に、受け取る人にも迷惑をかけません。大きな額を一括でなるべく早く相続したい方にはいい方法かもしれません。ただ、このようなメリットがある場合には、受けられる条件や、手続き等が多々あるので、注意して利用しないといけません。

次に相続時精算課税制度の条件、限度額、メリット・デメリットについてお話します

相続時精算課税制度のメリット・デメリット

先ほどの説明でも話をしましたが、相続時精算課税制度は特例制度なので条件があります。

限度額が2,500万円までであること、贈与者が65歳以上、受贈者が20歳以上であること、贈与の翌年の確定申告期間に税務署に申請を出すこと、の3つです。確定申告期間に税務署に申告をしないと適用が受けられなくなり、最大50%の税率で贈与税がかかります。

また、贈与者が亡くなり、生前にこの制度を利用して贈与したものについては、一旦遺産に戻ります。再度、相続する全員で総額を計算するということになり、この場合には相続税が発生する可能性もあります。なので、あまり節税対策にはならないような気がしますが、相続する人が1人だけで他にいない場合や、収益物件や後に付加価値が上がるようなものが相続された場合には節税のメリットがでてきます。生前贈与することによって、相続争いなどが防げるのもポイントですね。ただ、メリットがあると必ずデメリットもあります。

例えば、相続時精算課税制度を利用してしまうと、年間110万円までが非課税の生前贈与を利用することはできなくなります。また、贈与税がなくても相続税が高くつく可能性があり、金額にかかわらず贈与税の申告をしなければいけない制度なので、手間がかかるのは事実です。

「売却・贈与・相続」どれが一番お得か?

「売却・贈与・相続」どれが一番お得か?

不動産を「売却・贈与・相続」する場合、どれが一番お得か知っていますか?

多分ご存知の方は少ないと思います。私も、不動産を子供に譲るのに、得も損もないと思っていました。しかし、調べていくと不動産をわが子に譲ろうとすると、結構多額なお金がかかるということを知りました。

 「売却・贈与・相続」どれが一番お得か?

路線価と相続対策

路線価と相続対策

路線価という言葉は、相続や贈与という言葉よりも聞いたことがないと思います。私もまったく知らずにすごしていました。ただ、毎年東京都中央区銀座の路線価が一番高いというニュースは耳にしたことはあるのではないでしょうか。このことからもわかるように、路線価とは1平方メートル当たりの土地の価格のことです。

 路線価と相続対策

マンション相続の注意点

マンション相続の注意点

ここまでは戸建てや土地の相続についてお話ししてきましたが、マンションの場合はどうなのでしょうか?マンションも、もちろん相続すれば当然相続税がかかります。相続したマンションが基礎控除を超えてしまう場合には、相続する人にとっては大きな負担ですよね。

 マンション相続の注意点

 
オススメの不動産売買仲介業者サイトTOP3

オフィスパートナー

オフィスパートナー

他社に比べて売却額が高く、市場の動向に敏感だから売れるタイミングを逃さない

日本中央管理株式会社

日本中央管理株式会社

知識と経験をもってその物件の持つ「本当の価値」を見極めて査定してくれる

住建ハウジング

住建ハウジング

物件の魅力を引き出すノウハウがあり、東京都内の物件に強い