不動産査定額ってどこまで信用できるのでしょうか?

査定金額の信頼性について

大手対独立系!不動産・マンション査定はどこに頼むのがおすすめ?【東京版】
不動産を売る流れとは?
マンション査定時の注意点
売主の味方をしてくれる東京の不動産売買仲介業者TOP10
知っておきたい不動産相続の基礎知識
  1. 査定金額はどこまで信用できる?
査定額ってどこまでが本当なの?

査定額ってどこまでが本当なの?

不動産仲介業者に売却物件の査定依頼をして出された額は、本当に売却を確実なものするのに、妥当な額なのでしょうか?

もちろん住んでいる物件が、高額で売れるに越したことはありません。私も最初のうちは、査定額が1番高いところの話ばかりを信じていましたが、購入希望者が見学に来るたびに、最初の査定金額はドンドンと下がっていきました。

最終的には、希望売却価格と最低価格の中間くらいで売却できたので、個人的には良かったと思います。しかし、仲介業者によっては、大幅に高い額を言っている会社もありました。売却してみて感じたことは、仲介業者が高額でだしてくるのは、売却希望価格を高めに伝えて、なるべくその業者と契約を結ばせようという戦略の可能性もあります。

これから売却を考えている方は、高額な査定額を鵜呑みにせず、その仲介業者との媒介契約の結び方を間違えないようにしてください。なぜなら、売却できなかったとき、または売却できたとしても、損する可能性もあるからです。

必ず価格交渉を!

必ず価格交渉を!

高額な査定額の部分でも書きましたが、基本的に購入希望者は必ず価格交渉をしてきます。もちろん、交渉されずにそのままの希望価格で売れたケースもあると思いますが、それはとてもラッキーで、稀だと思います。

なぜなら、売る側にも売却希望価格があるように、購入希望者にも購入希望額が存在するからです。購入希望者もあらかじめ予算を決めて、このくらいの金額で、このくらいの広さの物件というイメージで探している方がほとんどだと思います。

また、中古物件を探している場合には、できるだけ安く、予算内で求めたいと考えているので、もちろん価格交渉をしてきます。見学に来た際に、傷や汚れを理由に、出来るだけ安くしてもらおうと、購入希望者も必死で、価格交渉をしてきます。その都度、過剰に反応していたら、なかなか売却できません。

価格交渉は当たり前のことと思い、その場合に値下げをするのか、それとも自分たちで修復して引き渡すのか、営業担当者と事前に決めておく必要があります。

査定額の上限と下限をあらかじめ聞いておくこと!

ここまで、何度もお話してきましたが、物件が売却希望価格で必ず売れるとは限りません。売却したい物件がいくらでも構わないという方以外は、必ず営業担当者に、このくらいなら売れるだろうという、売却価格の上限と下限を聞いておきましょう。

マンションの売却の際には、時期やタイミングによって売却価格が変動してきます。売れる時期やタイミングを待てるのであればもちろんいいのですが、リミットが決まっている方のほうが多いと思います。下限を聞いておけば、そのくらいまでは下がるかもしれない、という覚悟もできますので、そこまで落胆せずに済みます。ただここで仲介業者が高い売却価格の上限をだしてきた場合、販売活動に自信があるのか、契約締結のための釣りなのかを売主は見極めなければなりません。

一概に高い査定額で市場価格と違いすぎるからといって、否定もできないのは事実です。仲介業者と担当者をよく見極めて、損をしないように、必ずこのくらいで売るということを話しておきましょう。

 
オススメの不動産売買仲介業者サイトTOP3

オフィスパートナー

オフィスパートナー

他社に比べて売却額が高く、市場の動向に敏感だから売れるタイミングを逃さない

日本中央管理株式会社

日本中央管理株式会社

知識と経験をもってその物件の持つ「本当の価値」を見極めて査定してくれる

住建ハウジング

住建ハウジング

物件の魅力を引き出すノウハウがあり、東京都内の物件に強い