必見!マンションを高く売りたいなら査定は3社に頼むべし!

ここがオススメの不動産査定会社

大手対独立系!不動産・マンション査定はどこに頼むのがおすすめ?【東京版】
不動産を売る流れとは?
マンション査定時の注意点
売主の味方をしてくれる東京の不動産売買仲介業者TOP10
知っておきたい不動産相続の基礎知識
  1. マンションを高く売るなら査定は3社に頼むべし!
なぜ3社に頼むのか?

なぜ3社に頼むのか?

なぜ3社かというと、3つの違う不動産仲介業者にお願いすることで、それぞれの仲介業者の特色が見えてくるからです。仲介業者の対応の違いを知ることもできるので、1つの仲介業者の査定だけで終わらないようにしましょう。また、違う3社から査定結果の説明を受けることで、必然と不動産売却についての知識も増えていきます。

ここで3つ注意点があります。3社を選んで査定を依頼する際には、物件についての情報は同じものを提供し、売りたい物件に瑕疵があるのであれば、それもすべて事細かに伝えましょう。また、他社にも査定を依頼しているということも隠さず話しておくほうがいいでしょう。1つの仲介業者だけではないということを知らせることで、きちんとした査定結果が得られるでしょう。

また、査定には2つあり、1つ目が市場データから割り出す「簡易査定」で、電話やFAX、インターネットを使ったり、店頭で問い合わせたりして、おおよその額を教えてもらう方法です。もう1つは、実際に物件の状況などを訪問調査して割り出す「訪問査定」です。状況に応じて訪問査定をしてもらうとより詳しい査定額がわかるでしょう。査定が終わったら、数日後に調査書が届きます。それを元に仲介業者の担当者から直接説明を受けるようにしましょう。

ただ3社に頼むのではなく得意分野異なる3社に頼むべし!

ただ、3社に頼むのではなく得意分野異なる3社に頼むべし!

先ほどから3社、3社と度々言っていますが、1社がダメなら、2社でいいんじゃない?もしくはもっと4社とか5社とか見てもらったほうが…と思われる方もいると思いますが、これにはワケがあります。

まず、査定額の算出根拠が仲介業者によって異なるので、査定額は同じにはなりません。査定をお願いする前に市場調査をしているかと思いますが、適正な相場感をつかむことが必要です。複数社に査定を依頼して、なぜその査定額なら売却が可能なのか説明させるといいでしょう。では仲介業者の得意分野とはどんなものがあるのでしょうか。

仲介業者によってマンションの売却が得意なところと戸建ての売却が得意なところがあると思いますが、いずれにしても売却に実績のある仲介業者を選びましょう。実は新築分譲の実績ばかりで、中古はほとんど扱ったことがないなんて仲介業者は最初から除外してくださいね。それを念頭に置いた上で、大きなネットワークを活かして情報収集を得意とする仲介業者地域密着でそのエリアの特殊なケースを得意とする地域密の仲介業者地元での売却実績が多い仲介業者の3つに分けられます。この3社に該当する仲介業者を選んで査定を依頼することで、どのパターンなら高額で売却ができ、売却活動がスムーズにいくかを見極める判断基準となります。

 
オススメの不動産売買仲介業者サイトTOP3

オフィスパートナー

オフィスパートナー

他社に比べて売却額が高く、市場の動向に敏感だから売れるタイミングを逃さない

日本中央管理株式会社

日本中央管理株式会社

知識と経験をもってその物件の持つ「本当の価値」を見極めて査定してくれる

住建ハウジング

住建ハウジング

物件の魅力を引き出すノウハウがあり、東京都内の物件に強い