不動産売却の前にはリフォームしておくべき?

不動産を高く素早く売るコツをこっそり教えます!

大手対独立系!不動産・マンション査定はどこに頼むのがおすすめ?【東京版】
不動産を売る流れとは?
マンション査定時の注意点
売主の味方をしてくれる東京の不動産売買仲介業者TOP10
知っておきたい不動産相続の基礎知識
  1. 不動産売却の前にはリフォームしておくべき?高く素早く売るコツ
不動産売却で「リフォーム」は必須なの?

同時進行パターン

不動産について調べていると、「リフォーム」と「リノベーション」は最近特によく聞く言葉ですよね。新築の一戸建てやマンションでもリフォームを行う家庭は多いですし、中古物件を購入してリノベーションをする、なんてケースも増えてきています。

しかし、リフォームとリノベーションの違いを簡潔に説明してください、と言われたらみなさんはパッと説明できるでしょうか?

リフォームやリノベーションは不動産の買主が行うものというイメージが強いですが、実は売主にとっても重要な要素なんです。ここではリフォームとリノベーションの違い、売主が得られるメリットについて説明していきますね。

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?

同時進行パターン

リフォームとリノベーションは似た意味で使われることも多い言葉です。どちらも建物を工事するわけですから、確かに共通する部分も多いんです。ですが、この二つには以下のような違いがあります。

リフォーム ・・・ 老朽化して壊れたり汚れたりした建物を小規模な工事によって新築の頃の姿に戻すこと

リノベーション ・・・ 建物に大規模な工事を行って性能を向上させること

つまり、リフォームは「マイナスからゼロへ」、リノベーションは「ゼロからプラスへ」を目的とした工事に用いられるんですね。

実例としては多くの家で定期的に実施する外壁の塗装や、キッチンの設備変更、はがれてきてしまった壁紙の張り替えなどがリフォームにあたります。一方で、耐震工事を行ったり、土間を作るために部屋の仕切りを取り払ったりすることはリノベーションに該当します。

一般的に、新築住宅以上の性能まで建物を改築しようという場合はリノベーションになります。冒頭で触れたような中古住宅を購入して自分好みの住宅にするリノベーションが流行っているのは、新築住宅で同様のデザインにするよりも安く購入できるのが大きなポイントなんです。

不動産売却なら見栄えを良くするプチリフォームがオススメ!

なぜ不動産の買主だけでなく売主にとってもリフォームやリノベーションの知識が重要かというと、売出した際に買主さんの第一印象が良くなるためです。壊れた箇所を事前にリフォームしておくことで買主さんの興味を引くことができる場合もあります。

ただ、ここで私が言いたいのは中古物件の売却を考えるとき、必ずしもお金をかけたリフォームは必要ではないということです。ある程度の規模のリフォームとなればそれなりの費用がかかりますし、リノベーションを考えていて現状のまま渡して欲しい、と希望する買主さんもいます。

リフォームでかけた費用を売却価格に上乗せしてそのまま売れることはまれなので、修繕が必要な箇所はかかるであろう金額も含めてそのまま買主さんに説明してみましょう。大規模なリフォームが必要になった場合も、一人で悩まず不動産仲介業者などに相談しながら進めることが大事です。

逆に襖や畳など、少額かつ自分でできる見栄えの変更は買主さんに良い印象を与えることができるのでオススメです。

 
オススメの不動産売買仲介業者サイトTOP3

オフィスパートナー

オフィスパートナー

他社に比べて売却額が高く、市場の動向に敏感だから売れるタイミングを逃さない

日本中央管理株式会社

日本中央管理株式会社

知識と経験をもってその物件の持つ「本当の価値」を見極めて査定してくれる

住建ハウジング

住建ハウジング

物件の魅力を引き出すノウハウがあり、東京都内の物件に強い